TOPへ戻る

お知らせ

ゴールデンウイーク休診日について

ゴールデンウイークの休診日ですが、4月29日㈭・5月3日㈪~5月5日です。
ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。

日付:  カテゴリ:未分類

ミュータンス菌⑧

前回までにお伝えした感染予防のなかでできそうなものをご家族と一緒に考えてみてください。
これが一番大切です。

日付:  カテゴリ:未分類

ミュータンス菌⑦

感染予防は、そのまま継続してもらい、
お子様が生まれてからは、
①ショ糖のものをキシリトールにかえる。
②歯科検診を定期的にうける。
以上を継続することが効果的です。

日付:  カテゴリ:未分類

ミュータンス菌⑥

虫歯の感染予防は、そのお子様が生まれる前からできます。
それは、家族のみんなで、虫歯予防をしておくことです。
感染源を減らしておくことです。
もちろん歯科医院でPMTCやフッ素塗布も効果的です。

日付:  カテゴリ:未分類

ミュータンス菌⑤

ミュータンス菌を感染させないためには、
①感染源になりがちな家族のミュータンス菌を減少させる
②食事の噛み与え、箸、スプーンの共有を避ける。
③子供のショ糖摂取を制限する。
以上三点です。
なかなか難しいですよね・・。

日付:  カテゴリ:未分類

ミュータンス菌④

前回お伝えした感染の危険度の高い時期を過ぎるまで、ミュータンス菌の感染を遅らせるだけで、健康な口腔内を維持しやすくなります。

日付:  カテゴリ:未分類

ミュータンス菌③

ミュータンス菌に特に気を付けたいのが、生後19~31ヶ月。
虫歯になる危険度が他の時期に比べて、とても高いため、【感染の窓】と呼ばれている時期だそうです。

日付:  カテゴリ:未分類

ミュータンス菌②

細菌が、口の中に影響をおよぼすには、ただ感染するだけでなく、口の中に定着する必要があります。
この定着するための菌にとって家のような存在が、【歯】なのです。

日付:  カテゴリ:未分類

ミュータンス菌①

これから、虫歯の原因となるミュータンス菌の話をしていきます。
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、ミュータンス菌は存在しません。
風邪のように既に菌を持っている人からうつります。
いわゆる細菌感染症です。

日付:  カテゴリ:未分類

むし歯⑥

では、これから、歯が溶けだす、ずっと前の細菌感染するタイミングに注目した予防法を次回からミュータンス菌に着目してお伝えします。

日付:  カテゴリ:未分類