TOPへ戻る

お知らせ

「食べる」ストレス発散 ②

規則正しいリズム運動「咀嚼」は脳の神経伝達物質セロトニンを増やすため

ストレスが緩和されます。

咀嚼によりアドレナリンなどが減少し、副交感神経が優位になります。

さらに唾液がたくさん出てくると、唾液中の消化酵素により

栄養素の吸収効率を上げて体調を整えたり、胃腸の保護効果もあります。

また、噛むことで満腹中枢が刺激されて満腹感を得て幸せな気分になれるため

ストレスを和らげるらしいです。

 

日付:  カテゴリ:未分類

「食べる」ストレス発散

ストレス発散の方法はたくさんあります。

スポーツをする、趣味に没頭する、お喋りをする、お酒を飲む、

カラオケをする、旅行に行く、ひたすら寝る・・・等々。

ストレス発散に「食べる。食べまくる!」「美味しいものを食べる!」

といった方も多いのでないでしょうか?

食べてストレス発散をする人が多い理由は、

一人でできる、比較的安価、いつでもどこでもやりやすいとのことです。

日付:  カテゴリ:未分類

歯の身だしなみ⑤

重要なのは、歯に色がつきやすい食べ物・飲み物との「正しいつきあい方を知ること」で、これらのものを口にした場合でも、食後に以下のようなメンテナンスを心がけることで着色を抑えることができます。

(1)歯を磨く

(2)水でうがいをする

「寝る前に歯を磨く」という方も多いかもしれませんが、口の中に色素沈着物がある時間が長いほど、色が定着しやすくなってしまいます。キレイな歯を維持するためにも、こまめな歯磨き・うがいを心がけてください。

歯科医院で定期的にクリーニングを行うことをお勧めします。

 

ぶばい歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

GW休暇のお知らせ

4月29日(月)〜5月5日(日)まで、休診とさせて頂きます。

患者様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

日付:  カテゴリ:未分類

歯の身だしなみ④

着色汚れの原因となる食べ物・飲み物を見ると、身近なものだと分かりますね。

しかし、歯に色がつくのを避けるためだけに「コーヒーは絶対に飲まないでください」「一生カレーを食べないでください」と言われてもとても無理な話ですよね(^▽^;)

重要なのは、歯に色がつきやすい食べ物・飲み物との「正しいつきあい方を知ること」

歯科医師・衛生士に質問してみてください。

簡単にできることから教えてくれますよ!

 

ぶばい歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

歯に身だしなみ③

食べ物や飲み物の中には、「色がつきやすいもの」と「つきにくいもの」があります。以下のようなものを多く摂取している人は、着色リスクが高いです。

  • 緑茶、紅茶、ウーロン茶などリーフティー
  • コーヒー
  • 赤ワイン
  • チョコレート
  • カレー

この他にも歯に色がつきやすい食べ物・飲み物はありますが、共通点として「ポリフェノールが含まれている」「着色料を使っている(天然を含む)」という傾向があります。

飲食などで着色した歯をクリーニングできれいにしてみませんか!

 

ぶばい歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

歯の身だしなみ②

歯の着色は大きく分けると「外側からの変色」と「内側からの変色」の2つに分けることができます。

(外側からの変色) 飲み物や食べ物の摂取、喫煙などが原因。また虫歯によって着色が起こることもあります。

(内側からの変色) 年を取ると肌にシミが発生するように、加齢によって歯の色がくすんでしまいます。治療によって歯の神経を抜いた場合、また虫歯で神経が死んでしまった場合も、歯が茶色になってしまいます。

内側からの着色を防ぐことは難しいのですが、外側からの着色である食べ物や飲み物による着色は、日々の努力によって抑えることができます。

歯の色が気になるようなら歯のクリーニングをお勧めします!

ぶばい歯科クリニック ☎042-351-0418

日付:  カテゴリ:未分類

歯の身だしなみ

第一印象を決める要素のひとつに「清潔感」があります。

身だしなみに注意している人でも意外と見落としがちなのが「歯の色」

にっこりと笑ったときに、黄色い歯がチラリとのぞくと、相手に不衛生な印象を与えてしまうことがあります。

ホワイトニングで歯を白くすることはできますが、歯に色をつきにくいようにする為に

ご自身で出来ることからはじめてみませんか。

 

ぶばい歯科クリニック

日付:  カテゴリ:未分類

お口の渇き②

お口の渇きは、味覚を低下。

鼻が詰まると嗅覚が低下。

味を感じるためには、味覚と嗅覚はとても関係が深いとされています。

 

そこで、たくさん噛むことをお薦めします (^^)

たくさん噛むと唾液が出て味を感じやすくなります。

そして、噛んでいる間は味覚刺激と嗅覚情報により、

より味を感じるため、おいしくお食事ができます!

 

 

日付:  カテゴリ:未分類

お口の渇き

空気が乾燥するこの時期。

お口が渇くことによって、お口の病気や口臭も増える傾向にあります。

唾液がたくさん出る生活を意識すると、

お口の病気や口臭のリスクが少なくなるだけではありません。

唇の周りの筋肉を使うことで、若々しいお顔を手に入れることができます。

「よく噛んで、たくさん噛んで食べる」が大切です。

 

日付:  カテゴリ:未分類