TOPへ戻る

審美歯科

機能的なだけでなく美的側面も含めた治療

審美治療は、歯周病やインプラントなどの機能的な側面からの治療と違い、歯のホワイトニングやセラミック冠を被せ、歯の黒ずみや黄ばみ、歯並びの悪さを治す美的な側面からの歯科治療となります。

他人とのコミュニケーションが重要となる現代社会において、きれいな口元、美しい口元、素敵な笑顔は快適な社会生活を営む上で重要な要素となっています。
審美治療は歯周病やインプラント等の機能的な側面からの治療だけでなく、ホワイトニングや歯にセラミック冠により歯の黒ずみ・黄ばみ及び歯並びの悪さを治療する美的な側面による治療を行います。
これにより、より一層患者様の健康と健康美を保ち、快適な社会生活を送るためのお手伝いを差し上げます。

ホワイトニングについて詳しく見る ⇒

セラミックによる審美治療

以前は治療を施した歯に金属をつめるのが一般的な治療となっていました。この場合、他人から見えやすい前歯に金属の詰め物をすると笑った時に気になる方がほとんどだと思います。
また、患者様によっては金属アレルギーを引き起こす場合もあり、現在では人体に優しい素材の「セラミック」を用いております。
セラミックは歯科で使用される材料の中で人体にもっとも影響の出にくい素材で、色調が歯に合わせられ他人から見て歯と区別がつきにくいものとなります。

現在、セラミックを用いた審美治療には主に以下のものがあります。

被せ物全体がセラミックでできているもので、とても透明感が高く、色調もきれいで、天然の歯が持つ自然な透明感をそのまま再現します。
メタルフリー(金属をまったく使わない)なので金属アレルギーでお悩みの方に最適です。
時間が経って歯ぐきが下がってきたときに、被せ物と歯の境目に黒い線が目立つ「ブラックマージン」という現象が起こることもありません。
さらに、金属を一切使わないので、銀がイオン化して歯ぐきに染み込んで入れ墨のようになる「メタル・タトゥ」といった現象も起こりません。
歯の色を再現している材料はセラミックであるため、強度の面でも優れており、変色も起こりません。
茶渋やヤニなどのステインも付きにくく、付いたとしても簡単に落とすことができます。
被せ物だけでなく、詰め物もセラミックで作ることができます。詰め物も金属を一切使わないため、金属アレルギーでお悩みの方や、金属の詰め物だけを白くしたい方に最適です。
なおオールセラミックは、多数歯の連結や多数歯のブリッジには不向きであること、歯を削る量が比較的多いこと、保険外のため高価であるが欠点となります。

なお、当クリニックでは義歯治療と同様に患者様それぞれに合った被せ物を作成するため、歯科医師が絶対の信頼を置く経験豊富な専門の歯科技工士により精密に作成され、見た目も綺麗なものを厳選して使用しております。