TOPへ戻る

予防歯科

予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防ぐこと。

むし歯などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることです。

「歯の治療は痛い・怖い」という思いから、歯科医院に対してなかなか足が向かないという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。当クリニックでは、もちろん無痛治療を心掛けて治療をしておりますが、患者様の恐怖心を取り払うには時間がかかります。

歯医者で治療を受けて痛い思いをしたくない場合にはどうすればよいかというと、虫歯や歯周病にならなければ良いのです。

歯とお口の健康を守るために

クリニックでの「プロケア(プロフェッショナルケア)」と、歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方で、「予防歯科」を実践しましょう。

どのようにして予防をするのか

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCとは、簡単に訳すと「専門家による機械を用いた歯面の清掃」となり、さらに簡単に言えば、「プロによるお口のクリーニング」です。

毎日の歯磨きで歯の表面はもちろん、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間まで完璧に磨くというのは歯ブラシ以外にデンタルフロスや歯間ブラシなどを用いる必要もあるため、そう簡単なものではありません。そのため、毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがあるのです。
PMTCでは、歯の表面の磨ききれなかった歯垢やバイオフィルムを、専門の機械を用いてしっかりと落とすことで、虫歯や歯周病の予防をします。

フッ素塗布

PMTCでクリーニングをした後には、高濃度のフッ素を塗ります。
フッ素を塗ることで、歯の一番上の層であるエナメル質を強化して歯を強くし、最近の活動を抑える事が出来ます。

以上がプロケアの部分になりますが、それだけでは、完全に虫歯を予防することは出来ません。

やはり、毎日の歯磨きが重要なことはかわりませんので、患者様には歯磨き指導を通してセルフケアの方法をお伝え致します。

歯が痛いときにだけ歯医者に通う方よりも、定期的に歯医者に通いクリーニングと検診をされる方では将来残すことの出来る歯の本数が2.5倍も違うというデータもあります。

当クリニックでは、3〜6ヶ月に1度の定期検診・クリーニングをおすすめしております。
患者様と当クリニックの二人三脚で、健康な口腔環境を手に入れていきましょう。